handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

answer

どーもうだうだ言っていた答えが見つかりそうだ。

まず、今日嬉しかったこと

留学生が留学前に携帯を解約するからと言って、解約前、僕に最後の電話をかけてくれたこと。

相当嬉しい。どれだけの人にかかけたか知らないが、もし多くてもたとえ1000分の1でもありがたい。

またWIFを守ってっと言われてしまった

(今が危機って訳じゃないぞ)(←あぁこれ書く時点で人向けになっちゃってるな…よし、以後説明はつけませんので。)

やっぱりねーWIFやりたい気はあるんだわ。

このうだうだ言ってたのは目標がないからじゃないわ。帰る場所がないんだ。

僕はある程度、侍は踊るためって決めてる。だから侍を良くしようとかいう気持ちはあまり芽生えない。

去年12月~3月にも参加したけど、それは3月以降WIFに本気を出すって言う前提があったんだな。

だから、安心して侍にも精を出せたし、先にやることも決まっていて安定していた。

今回、夏~早稲田祭もそんな気分でやろうと思ってた。

ところがどっこい。

WIFが1年制になるやら、春が本番やら、

中心が変わらないやら、

で、春に俺が本当にやりたいかたちで参加できるのか謎になってた。

(実際ここで声をあげるべきだったんかな。でも当時の俺の気持ちとWIFの流れがどうもそうじゃなかった気がする。)

つまり、どこへ帰ろうかって話だ。

はっきり言えば

代表も考えた。

でも秋の侍は譲れない。

未来のために今を犠牲にしない。とりあえず今はしたくない

だから秋はお任せしようと思ったが。

むーん。

選択肢

・秋はWIFにも参加して、どうなろうが春もWIFでやりたいことをやる

・やっぱり秋は自分のやりたい踊りを極めて、春もWIF無理矢理参加、無理矢理中心に行く

・秋は踊りを極めて、秋終わった直後、WIFじゃない何かを企てる。

・第三の案を考える

理想(笑)

・秋は踊りを極める、秋は代表でWIFを極める

まぁやりたいように流れて行く気がする。

僕ってやつぁ正直で、明日のために今日を偽らないやつだから。と決め込んで。

こう文字に起こせば馬鹿馬鹿しいくらい。

なんとかなるさ。

こんなことでクヨクヨするな。周りとうまくいかなくても、周りがどう言おうと、今やりたいことをだだ欲していこう。

そうすりゃ充実した1日になるだろう。そうすりゃ充実した命日になるだろうよ。