読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

桜が見れないほど仕事って大事で忙しいものなの?

桜の見頃が土日の休日に1日も引っかからず過ぎていった。




さぁ、私らの仕事は、桜の見頃を無視するほど大事なものでしょうか。代替不可能でしょうか。


人生で大切なものって一体何?(煽り)




というと、頭の良い人はきっとこんなこと言うのだ。

「それは桜(に類似する出来事)が好きでたまらない人は仕事を選べばいいし、そうじゃない人はつべこべ言わず働けばいい。桜ってそんな大事なの?」って






「Aって人もいるBって人もいるっていう結局何も言ってない理論」の登場。




はい、お疲れ様でした。笑




それって結局想像力がなくて、


桜が見たい人が見れるようにするには、そもそもなぜ見たいのか、なぜ見れないのか、
桜に別に興味ない人がなぜ見なくてもいいのか、とか考えを広げて、

それでも適切なひとつの答えを探せないか模索する意見する行動する、というのがいいよねぇ。



難しいねぇ。



っても、考える優しさというのはそういうことを言うんじゃないかしら。