読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

海外の反応だけ見て安心すること

日本でこんなことがありました。

海外の反応(賞賛)

なんとなく鼻が高い。


終わり




こういうサイクルはもういいよ。

地下鉄に流れた水が澄んでるって?
略奪が起きないって?
自衛隊が救助してくれるって?


そういう奇跡がなんで起こるか、誰が裏で尽力してくれているのか、そして誰がお金を払い、支援をし、誰の指示でそういう目の前の奇跡が起こってるのか考えるいい機会じゃないですか。


海外から賞賛されて、なんとなく同じ民族だからって自分が崇高な人にでもなったかのように思えて……、それで終わり。

じゃああんまりでしょう。




誰が首相で、その法令を整備した議員はどういう人で大臣は誰で首長が誰だったのか、どういう流れでこのことが起こってるのか、何かが起きたら、一発結びつければ、政治にも関心持ってもらえるんじゃないかな。


ということをTwitterを見ながら思いました。

「今回の河川の決壊において、民主党がやった事業仕分けをせめることはできない、なぜならそのとき税金の無駄遣いを無くし事業仕分けを望んだのは国民だから。」

という主旨の呟きを見て。

責任の一旦を担ってるんですよね、国民も。