handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

才能の片鱗

同じものを読んだり見たりして
「それそれ!そうなの!」というのと「ふーん」といものの差が才能だと思う。


なんでも前者になれという意味ではなくて、そういう差が人間の個体差であり、ひとそれぞれが違うということを意味するという意味での「才能」ねん。


才能はどこにあった?