読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

世間の幸せ

順調に結婚して順調に子供ができて「普通の幸せ」

おいおいそれが普通で一般的で誰もが求める幸せって誰が決めたのだ?

世間の幸せ?
そりゃ君の幸せだろう。

私は一般的に言ったら幸せ?
君が幸せじゃない限り幸せじゃないだろう。

人は幸せになるべきだ?
その幸せがどんな形をとるか知ってんのか?


結婚相手がいたら幸せ、子供がいたら幸せ、本当にそうかい。
仕事ができたら幸せ、早く帰れれば幸せ、休日があれば幸せ、本当にそうかい。


幸せってどんな形をとってもいいんだよ。


結婚相手がいて子供がいて仕事をして毎日そつなく過ごすのが"一般的で普通"の「幸せ」っていったい誰が決めたんだ。幸せの種類いくつ知ってんだ。知識と経験がないと幸せの在り方すら決められない。カレーとハンバーグしか知らない子供に好きな食べ物を聞いてごらん。
何をして喜ぶ、何が幸せか、誰がために鐘はなる?