handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

ねぶた祭りが最高でした。

f:id:naga-yu:20140803235315j:plain

さてこの土日(8/2、3)ねぶたに参加して参りました。

お祭り自体は毎年8/2~8/7と決まって6日間ほどやるのですが、

土日で参加できそうでしたので思い切って参加!

(きっかけは冬に東京ドームでふるさと祭りを見たことがきっかけ)

 

大学の先輩のつながりにお邪魔させていただき、つながり、つながりで3人中2人は初めましての現地集合みたいな形でお邪魔させていただき

(その時にお世話になった方々が本当によくしていただきお世話していただき・・・!至れり尽くせり恐れ多いレベルだったのですが(笑))

跳ねて参りました!!

 

楽しかったので、体験を忘れないうちに書いておきまーす。

 

まず青森なんですが、5年前くらいに青春18切符で途中下車で降りた時は「駅前になんもない・・・」という印象でしかなかったんですけど(失礼)(笑)

 

さすがにねぶた本番とあって人の数がわんさかわんさかで、しかも今回はじめて知れたのですが、青森は何も駅前が一番栄えているわけじゃないようなのです。

そりゃ何も知らずにいったら奥まで行かずに「なにもない・・・」ってなりますわね。(笑)

 

なので今回、そのつながりつながりで跳人(ねぶたで跳ねる人をこう呼ぶ)のチームに参加させてもらったのですが(いや別に基本自由参加なんですけど)そういった地元の方の話を聞いて、経験してる人のガイドがあって初めて「そうだったのか!」ってことが多くてですね。ただただ飛び込むよりも経験者さんがいらっしゃることがこんなにも楽しいことに繋がるのか・・・!と反省(?)、でした。

 

道中、海鮮丼がウマイ!とか海がある!とか温泉が!とか1泊2日でも紹介すべきポイントは死ぬほどありますが、ひとまずねぶたのことを書きますね。

 

はてさて、衣装をレンタルして鈴を付けてシャンシャン鳴らしながら。

19時10分開始です。あのねぶたの山車をバックにして2時間ちょっと跳ね続けます。

正気の沙汰ではございませんね(笑)

その頃になると山車に照明がついて、やわらかな光が風情を醸し出します。

 

(跳ね方にも美しさがあってですね。文字で説明するのは難儀なのでまたみなさん跳ねましょう笑。そしていつもやってらっしゃる方は跳ぶのが本当に上手い。「(自分もダンス一欠片くらいかじってたし)いやーできるっしょー」とか思ってたら全然違いました。滞空時間が違いすぎる(笑))

 

とにかく「らっせーららっせーら!」「らっせらっせらっせーら!」と叫びます。

そして跳びます。

基本的には先頭の方とかが「いくぞー!!らっせーららっせーら!」みたいな感じで始まりますが、1チーム?1所帯?500人ほどで直線距離70~100mくらいに広がっているので、1つの塊の中でもそこかしこで「らっせーららっせーら!」と始まるのです。んで、周りがそれに乗る(笑)

 

 

んで、これがすごく楽しい。

 

 

 

お、いきますか、今いっちゃいますか、みたいな。(笑

んで皆様がノッてくれるとすごく楽しい。

外国人留学生っぽい方や女子高生みたいな方、子供まで(基本イメージより全然若い方が多くてびっくりしましたが、それでも若い人は昔比べたら減っているそうです)跳ねます。

 

ちょっと観客の方へ位置を変えれば

お客さんとまぁ近いこと近いこと!こんなに近いお祭りは私の経験上ありません。

興奮したおじちゃんも入ってくるわ、煽ってくるわでなんとも楽しい。

 

んで跳人は鈴をつけているのですが、落ちた鈴を拾うと幸せになるというシステム(←、がありまして。子どもやご高齢の方がこぞって欲しがるのです。

沿道で「すずちょーだーい」って子供が手を差し伸べてくるのです。

んで、あげると「ありがとーう」といってかわいい笑顔を振りまく。何この幸せシステム(笑)。かつ自分は全く偉くないのに何かを施せる側になってちょっと幸せに貢献できたかな・・・!みたいな満足(笑)

すずあげるー!って投げつける(語弊がありそうだが)そして子供たちがそれをめがけてキャッチする。なんかそういう交流があっていいなぁと。素晴らしいシステムです。おじさん、もっと鈴買っちゃうよ!みたいな気分になりますね(笑)

f:id:naga-yu:20140803235342j:plain

 

んでまぁ2時間の間でちょいちょい死にそうになったりするのですが

終わったらもう足はガクガクです(笑)

 

 

ちょっと(一部に)わかりやすく早稲田で例えますと

 

 

ラテアメ研究会のドドドンドドン!ハイ!みたいな中心に誰でもなれて

誰もがノッてくる楽しさと一体感があるようなお祭りで

沿道とも盛り上がることができて

「らっせーららっせーら!」「らっせらっせらっせーら!」が

どことなく

「わっせーだわっせーだ!」「わっせわっせわっせーだ!」に聞こえたり

空耳アワー)しながら2時間ちょっとで百ハイ1日目の疲労感を味わえるという代物です。(笑)

 

自分との戦いにもなってきて、「あれここ休んじゃうのか?」みたいな「もっと高く、もっと上手く跳べるんじゃないの?」(果たして楽しみ方として正しいかは謎ですが笑)とかストイックにも楽しめます。(笑)

 

今回はそれを1日だけ参加させていただきましたが

これを6日間ほど続けるんですよ。自分の中の何かがはずれますよねきっと。(笑)

 

 

とにかく、めっっさ楽しいよ!と事前に話を聞いていたとおりにめっさ楽しかったです。

 

 

こんな拙い文章で来たくなるか微妙かもしれませんが、とにかくお祭りが好きな人、運動好きな人(?)ぜひ跳ねに行きましょう。今後も参加していきたいなーと(ほぼ初めて)思えるお祭りでした(笑)

 

一緒に参加させていただいた方々にお世話され、感謝申し上げること多々で、そのお蔭ももちろん200%くらいなんですけど、良かったら跳ねに行きましょう皆様。私もこれで経験者となりましたし・・・!笑

 

なんなら今年もまだあるので青森に足を運んでくださいよ・・・!(笑

 

良きお祭りでした!

疲労困憊、満身創痍のなか飲むレモンサワーほどうまいもんはありませんぜ。

 

ありがとうございました。

ひとまずこんな感じで。