読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

本当に望んだものかしら

空気のように会話できる人って1人いるかいないかレベルだと思う。

いや多分別にそういう人しか成立しないわけじゃあないとは思うんだけど。

でも結婚する相手がどこか気を遣うような関係だったら奥さんと子供に気づかれないように自分を休める深いため息をお風呂でトイレで布団のなか、どこかで吐いているのかなぁ。

そういうのはいやだなぁ。

もちろん幸せで子供が生まれた時も幸せだろうし、そういうため息のようなものと幸せの総量を比べたら多分幸せの方が勝つんだろうけれど。

(まぁそもそも幸せって比べるものかとかいろいろあるけれど。なにを優先したいかによるけれど。)


どんなサプライズより細かな会話が1番幸せ感じるんじゃないかなー。

嫁との話が1番面白いって言いたいもの。それを言える人生だったらきっと良かったー!って思える気がするよ。