読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

まっすぐ家に帰ること

母ががんとなり、退院し家に戻って来てからというもの、(転移の可能性は5%だかなんだかと言われていて、現在は薬の治療になっている。ひとまず想像するようなつらい闘病生活ではなさそうなのだが)

私はあまり外で食事だかなんだかをする機会が減ったと思う。

正直な話、あと何度この母のご飯を食べれるだろうと想像してしまってできるだけ多く食べたいなと思ってしまう。
(マザコンですかね)

まぁ実家におんぶにだっこでうんこなことを露呈してしまっているわけですが。

それは良くもあり悪くもありだ。
単純に言えば人付き合いが悪くなることだったり、好奇心と行動の範囲が微妙に狭まることに繋がるんじゃないかと思う。(大学生のころはほとんど外にいたのだから。)その間僕だって歳をとる。

何がいいとか悪いとか言えないけどともかくそういう事実が僕にじわじわと来ている。

家を出る機会だってもしかしたら遅くなってしまうかもしれない。

もちろん、ご覧の皆さんもいろいろな二律背反事項を抱えていらっしゃるのでしょうが。


なんにせよ。僕には時間がなく、限られていることを意識する。

新年度だ。