handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

他人と自分への不寛容さ

なんでも許せちゃって優しいんだね、

 
というか、
 
 
極端に言って、結局は最終的には自分とは関係のない他人なんだから、どうなろうが受け入れられちゃうんですよね。
そういう人もいるか。みたいな。特に腹も立たない。感情が動かない。
 
でも自分ともっと近い関係の人はそりゃもう自分みたいなものだから、そういうわけにはいかない。
ある意味不寛容だ。
あーここが違う、こういう時はこうでしょ、(いい意味で期待を裏切ってくれたらなお良いけど)。なんて。
 
つまるところ
そこが境界線だと思う。
 
大体、不寛容な自分は相手に迷惑だろうから自分にあまり引き寄せない。
 
 
蓋を開ければ、ほとほと自分勝手である。
 
互いの自分勝手の上に成り立つ関係、ないかな。