handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

やりたいことからやる

よくやりたいことから、大事なことから始めないと、人生という限られた器の中では、つまらないものばかりが増えて、大事なものをあとから詰め込めなくなるということは言われてる。

し、僕も概ね賛成だ。


ただ今日ふと思ったのは、仕事だろうとなんだろうと、それにプラスして、無理やりやることを突っ込むことだ。

そうすると、どうだろう。
それが本当にやりたいことじゃない限りそこに残り得ないのだ。
ましてやそれを終えてからも、あれやんなきゃ、あれやりたい、と思うことはきっと本当にやりたいことなのだなぁと思う。

なんというか1日が有限であることが実感できて、そこに何を詰め込もうか、せっせと考える。

つまるところ、何かを始めると
余計なことはしないようになる。
ネットサーフィンの時間だとか、ゲームだとか。

残った時間でも、ギターを弾きたい、歌を歌いたい、本を読みたい、踊りたい、創造したい、なんでもいい。
そういうものがクリアになってくる。

なんでもできますよー
大学生の夏休みだよー
というよりも適度に制限されてる方が大事なものがはっきりするかもしれない。

制約があった方がアイデアが磨かれるのと一緒でしょうね。

適度に。詰め込みすぎず、空っぽにせず。