handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

2位じゃダメなんですか。

挨拶:ドラえもんは自尊心を無くしそうなので、変えました。

というわけで、こちらに。

dodora.jpg

いつも慰められてます。

さて、今日ふと回答を思いついたことについて書く。

昔に、事業仕分けというもののなかで

「2位じゃダメなんでしょうか」って言葉があったじゃない。

私はあれを聞いて、「確かに・・・んー、でもダメなんじゃない?」ってなんとなく思うだけで、

明確な答えが出せずにいた。

結構あの言葉は衝撃で、うん、1位じゃなくてもいいんじゃね?って当時の自分は思ってた。

コメンテーターだって、明確な答えは出してなかったように思う。

(私が触れてなかっただけかもしれないけど)

「いや、1位目指さないと2位にもなれない」とか、「国の競争力が」とか

いまいちピンと来ないものばかりで

本質的に1位を目指す理由というものが見つかってないような気がした。

なんとなく、2位以下はだめじゃね・・・?みたいな。

その回答が今日ふと思いついたので、書いてみる。

まず、2位以下でいい場合。

これが存在すると思う。

簡単に言って、趣味だ

趣味なら2位以下でも17000位でも(このブログのように・・・ってこら)

大して別にどうってことない。

てゆうか気にならないし、気にする必要もない。

自己満足なのだから。

多分これが「2位じゃダメなんですか?」の意味だと思う。

単純に言うと、お前ら、趣味でやってんでしょそれ?みたいな。

でも、例えばこの場合は、

国益に関わる、技術開発に向かって言ってるんじゃ話が違う。

(ただ国益どうのこうの書いたけど詳しくはよくわからないけどイメージでモノ言います)

つまり、1位ということを戦略的に利用していく立場にあるときは、1位じゃなきゃダメだ。

1位であることは単なる手段であって、目的ではない。

1位を目指しているわけではない。

でも、もっと先の「自国に利益をもたらすため」には、1位じゃないといけない。

そういう理由だと思う。

どこかで言ってたが

君は日本で2番目に高い山を知ってるか、と。

つまりはそれに近い答えになる。

例えば、サッカーW杯なんかが開かれるけど、世界ランキングはいちいち気にされる。

世界ランク1位の国が参加しないW杯は成り立たないでしょ。面白くないでしょ。

コンテンツ力下がるでしょ、視聴率下がるでしょ、経済効果鈍るでしょ。

逆にサッカーやりたいな、って思ったら目指すトコどこよ?

どこの技術欲しいなって思うよ?

どこの研究しようかなって思うよ?

指導者呼びたいなって思ったらどこよ?

世界ランキング見て、1位のところにまずアプローチするでしょ。

整理しましょう。

1位であると、まず認知率がぐーんとあがる。

権威的存在になる。

すると発言力が増す。

そして、周りは求める、1位の力を。

日本の科学が1位になったら、科学を推進したい国は1位の日本に金を払って指導を求めるかもしれない。

1位以外に(お金がないとかは置いておいて)指導求めないでしょ。

1位の方が安心感あるでしょ。

そういうのが国益に繋がると思うんですよ。

それは、@コスメみたいな口コミサイトで1位をとることがどれほど重要かと同じように

世界市場において、◯◯が1位という看板を引っさげて、世界的プロモーションを行えるために重要なのだ。

1番売れてるお店と2番めに売れてるお店なら1番目まずチェックするでしょ。

食べログは1位から検索していくでしょ。

日本を世界に売り込むために1位じゃなきゃ説得力がない。ただそれだけのこと。

だから2位じゃだめなんですよ。

だってそれ、趣味じゃないでしょ。

趣味と混合して語らないように。

余談だけど

運動会だって、順位をつけるのが悪だとか言われてるかもしれないけど

これも目的によって分けるべきじゃないかな。

別にみんな仲良く、「趣味」でかけっこするなら何位でもいいわい。

でも、足速いって思われてモテたい!とかって思うなら、「手段として」1位じゃなきゃいけないわけだ。

1位じゃなきゃいけないのは、それを手段として使えるかどうかを考えたらいい。

あー長年もやもやしてたのがすっきり。(笑)