handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

広告的な話

全然こんなこと言える立場ではないし、言ったところで何もかわらないのだけど

単純にそれに近いような世界にいて、世の中がどうなってるのか、

ちょっと考察したいから書く。

別件で書きたいことあったのに書くこと忘れたから、これ、書く。

広告的な話。

車のCMに触れつつ、考察致します。

まずはディスりから。

最近見かけるトヨタのCM

免許を取ろうシリーズ。

[HD] TOYOTA 「免許をとろう」 30sec CM

これがトヨタさんのチャレンジだったのかなんなのかはわからないんだけど、

個人的にはこれが流れた時から「?」過ぎて、しょうがありませんでした。

いろいろ突っ込みどころはあるような気がするのだけど

一番腑に落ちないのが、

これを見て「免許取ろう」と思える人がどれだけいるのか

そこからトヨタ買おうって思う人がどれだけいるのか

を考えた時、私だったら1mmもそんな気持ちにならないぞ・・・と思えたからなのです。

車業界全体を見て免許をとろうと(あんなにもストレートな言葉で)言ってるのかもわかりませんが

それにしたって、あんだけ有名な人を使って、確かに話題性はありましたけど

それが結局何になるの?と考えずにはいられませんでした。

確かに、今はもはやコンテンツ力の時代で、広告云々よりも「それがどれだけ面白いか」で語られる時代で

ありますし、Softbank白戸家だって携帯とほぼ関係ないところで繰り広げてますが

あれが話題になって、あれがなんとなく面白いからソフトバンク!って選ぶ人もいるでしょう。

そこはわかります。

面白くなきゃ伝わらない時代です。

でも商材(の価格帯)がそもそも違うし、目的も違う(免許を取らせること?トヨタを買わせること?トヨタを好きになってもらうこと?)ので、おんなじ風には語れないとは思いますが

だとするとますます「うーん?」ってなります。

なんだろうこのCM?

(っていち消費者が思うのだからこの感覚は別にあまり間違っていない気もします。)

んで、もっと言っておくと

どこだか忘れてしまったけど、車のCMで親子で成長した息子を迎えに行ってどうたらどうたら

イイハナシダナーみたいなCMがあるんですが

(ごめん、探せなかった!多分スバルのCMだと思うのですがロングバージョンしかなくて、こちらの説明をしている元気もないので、すごい端折り方でごめんなさい。上記の感覚で私は見てました。)

そのCMが感動するとかしないとかじゃなく

だれがそれをみてあなたの会社の車が欲しくなるの?っていう観点から見ると

やっぱり動かないんだよね、すくなくとも私は。

確かに車にストーリーがあったり、車を持つことでいいことってたくさんあるけど

昨今の若者のクルマ離れ(私はレンタカーで本当充分だなと思ったり)する中で

振り向かない人を無理やり振り向かせるというか

単純な「モノ」としてのクルマに無理やりストーリーをねじ込んで、あーだこーだ広告することに

もうなんか限界があるように思えてならないんだけどどうなんでしょう。

とか思ってたら、あーこーいうのが原点回帰なのかなと思いつつも

多分これから来るんじゃなかろうかと思うCMがコチラ。

Audi アウディ R8 V10 CM (60s)

前に電通の方の話を聞いた時

車のディーラーの方たちは、車のCMに変なタレント使うんじゃねぇ、とか

もっと車映せ!とかCMに対してクレームをしまくるらしいのですが

ならばと思って30秒丸々360°車映してやるわ!みたいになって

映したCMが案の定高評価だった、なんて話をされていましたが

もしかしたらディーラーの方が一番わかっていらっしゃったのか・・・とも思えてきます。

何が言いたいのかというと

メリット云々、コンテンツ、文脈云々、というよりもそのモノ。

買う気が0の人を振り向かせようとするよりも

買う気0は無視。心のどこかに1でも可能性のある人へ向けた、それを2でも10でもにする見せ方。

が今後の向かっていく方向なんじゃないかと思う。

先のアウディのCMには、ほとんどコピーやらなにやら入って来ませんでした。

でも、クルマ・・・カッコイイな・・・と少なくとも私にとって、思わされました。

(だからと言って単純な作りをしましょうって意味では全くないです。)

クルマ好きが一番かっこいいと思える本質的なことをしっかり伝える。

メーカー視点という意味じゃなく、自分が、いち車好きの少年の気持ちになったとき

どこが一番かっこいいか、そゆことを伝えようと、そういうこと。

結局憧れたあの時の気持はどこからだっけ?とかっていう気持ちをきちんと表現できるか

本質的に魅力ある部分をきちんと表現できるか

って段階になってきているような気がします。

(その分当たり前だけど結局は製品に魅力がなきゃやっぱり生き残れないんだけど)

つまるとこ何が言いたいかというと

どらえもーん免許取ろうとか、クルマは思い出、とかじゃなくて

ウチはこんだけ自信のある製品作ってます、って表現が一番しっくりくる。

CMとか文脈とかコンテンツではなくて製品の話です。

糸井さんが広告なんていらない製品が良い製品だ的なことをおっしゃってますがそんな感じ。

(でも、アウディのCMがなかったらアウディすげーとも思えなかったので、

そゆ意味では広告はなくならないと思うけど)

それはそれで、伝え方を極めるのも難しいんだろうなぁ。

というわけで、

(まぁ商材によるんだろうけど)、またちょっと時代が変わってきた感じがしたので筆をとったまで。

アウディさんを観たとき、あぁこういうの・・・!!と思ったのでした。

なんつって。

そんな考察をしても、相変わらず私は、うんうん唸って、毎日今日何しようか・・・って途方に暮れてる

社内ニートみたいな感じも否めないんですけどね。

うーんうーん。