handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

つぶやきから

結婚して子供を持って幸せな家庭を持つことがゴールじゃなくて、

「貴方と」結婚して子供を持って幸せな家庭を持ちたいって思えたら、

別に時期とか環境とかさして問題ない。

時期と環境はどうにでもできる可能性があるけど

人ばっかりはどうにもならん。

唯一無二の存在なのだ。

同じ人はどこにもいない。

そうなると、時期とか環境に比べて、人の価値ってすごく大きいところを占める。

私の場合は。

(それは私が人見知りだからか。)

逆に、(極論だけど)

環境とか時期が原因で選べない(選ばれない)人は、

そこをどうかしてでも一緒にやっていきたい価値がないってこと。

もしくは、

たまたまの環境や時期が良い理由で選ぶ(選ばれる)としても、環境変化に耐えられるの?

って考えると怖くないか。

その点、人だけは変わらない気がするのよね。

例えとして正しいかどうかわからないけど

ホリエモン(堀江さん)が捕まったとしても、例えばあれで財産が0になって何もかもなくなっていたとしても

出所されてからの動きに注目が集まる。

おそらくほぼ確実に何かを生み出すでしょう。きちんと返り咲くでしょう。

0から何かを生み出すでしょう。

少なくとも、みんながそう思っている。

そう思わせられてる。

何かの経歴や肩書きに価値はなく

(あるのかもしれないけどそれはとても頼れるというほど安定感のあるもんではない)

人そのものに価値がある。

会社がなくなっても、家がなくなっても、日本がなくなっても

人の価値は変わらない。

極端に言うとそういうことを思っている。

だから、一緒にいればなんだって出来ちゃう、と思える人

この人となら、見知らぬ土地で、財産0から始められるかもな・・・って人

そういうところに一番の価値があると思うなぁ私は。