handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

今日考えたこと。

今日はいい天気でした。

その呟き含め。

誰かピクニック……いや、「誰か」…だからいけないんだな!そんな棚から牡丹餅的な期待してもしょうがないよな。…誘おう。誘うんだー!(笑)……気軽にお出かけしませんか。って言えたらいいのになー。(言わんのかい)

僕は24にもなってないのに結婚うんぬんかんぬん話してたのか…!!(年齢関係ないけどさ)

落ち着け。

そもそも人と友達にならなくちゃ(ぇ)。

まぁんでも、この場合の友達とは先輩とか後輩とか同僚とか先生とか教え子とかそれこそ隣人とかそういう肩書きによって成り立つ関係性からの脱却ってことね。

んでふと違う時間に考えてみた。

誰か誘うときに彼氏が彼女が…とか考えてしまうのは少なからずその人を意識しているってことだよね。

まぁ意識してもしてなくてもどっちでもいいけどさ、

その人と行ったらコレ楽しそう!とかこゆ話できそう!とかで誘えたらいいよね

(チャラいわけではな…い…!笑)もちろん断られたらどんまい。うむ。

花火師の友達がいたら花火一緒に観に行ったら楽しそうやん!!とかそういう話。

異性なら尚更楽しいやん!っていう話。

イケメン、カワイイ人ならもっと楽しいやん!って話。

……いや、そう考えると、ただただチャラいな(笑)。

どうしたらいいんだろ。認めればいいのか…、チャラさを(笑)

ま、でも、そゆもんだよね、とも思う。(相手も自分も)楽しくなりそうな人と物事を見たり体験したりした方が楽しいものなー。んで発展的にあー何を見たってこの人と一緒だと楽しいなーって変化があったらそれが恋ですよね、きっと。

一言:

どんだけ長く付き合っても、分かり合えない人と会った初日からでも意気投合しちゃう(ような)人には、やっぱり何か違うものがあるんだろうなぁ。どんだけ長く付き合っていてもそういう人がもし現れたら、僕はかなわないと思うなぁ。

二言:

母の日に花屋に行列ができるって素敵だよなー。捨てたもんじゃない、良い国だのう日本。(^^)