handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

how stupid am I

さてさて、ちゃんと書いてみます。

心の動きについて。

何をして喜び、なんのために生きるのか。

(とか書くと、重々しいけど、アンパンマンマーチね(笑))

最近ね、人と「付き合う」とかの重さがなんとなくわかってきた。

私、今まで、最近、

例えば、人を振る側でも、振られる側でも、なんかあっけらかーん、としていて

まぁそんなこともあるよね、程度にしか考えていなくて

(そりゃ、合理的に考えて起こりうることだし、あってしかるべきようなことだよなって。)

例えどちらの側に立とうとも、その後のその相手とは、それはそれ、That was That あの時はあの時さ

って、別に仲良くというか、何事も無く、接することができるタイプなんだな、と思ってた。

だから、振られた、振った相手の連絡先を削除する!!とか、そういう考えが理解できなくて、

「でも、普段連絡しないんだから、あったってなくったって一緒やん」

「せっかく会った人なんだから残しておけば?」

ってレベルの考えをしていた。

でも、それって、今まで、「そうせざるを得ない、そうしないと収まらないような感情が

芽生えなかったから」じゃないかと、思うようになった。

別れた→連絡先削除!って行動する人は、おそらくそれを先天的にわかっているか、

もしくは早いうちからそういうことができる機会に恵まれたのだと思う。

大体の人は既にわかっていたりするのかなぁ。

(かくいう私も、もっと早く、できるなら高校生くらいのうちに気付きたかったですけど)

なるたけ、それ(別れた人)に関する情報を遮断することで、できるだけ早くもやもやから

遠ざかりたいっていう気持ち。それすなわち好意の裏返しだとは思うのだけど

そういうことをできるくらいに、せざるを自分を保てないほどの相手だったってことだよね。

そういうことを理解できてきた。

というのも、私も御年24歳弱で、やっとそういう感情を知れたからなのだと思う。

(まぁ、でもやっぱり削除する必要はないと思うし、いつかは忘れるとかそういうスタンスではあるのだけどね。)

あぁ、削除したほうが身のためなのかなぁとそういう気持ちが理解できてきた。

確かに、今までお付き合いなりさせていただいた方はいるけれども、

全てが全てにそういう感情を抱いていたかというと、それは嘘になります。

今まで生きてきて、1回あるかないかのレベルでしかないのです。

そう考えると、それを先天的にできる人、そういう機会に恵まれたことのある人は

とても恵まれているし、幸せに近いような気がする。

その場の成り行きだったり、欲だったり、そういうものが知らずのうちに支配して

たんじゃないかと思います。そしてそういう場合はなんとなく、そうなんじゃないかなぁと"薄々"気づいていたりもする場合もあるのですが、「いやいや、そんな自分じゃない、本当に想っているんだ」と語弊もありましょうが、言うなれば自分を「騙す」ことによって、その関係性を成立させていたのだと思います。

(大体は、その繕った関係性は破綻を迎えます。)

話を戻しまして。

一番言いたいのは

例えば、僕が先のような感情を抱いていたとしても、相手側が「この人しかいない!」っていうレベルで考えてくれていた時のことです。

先に申し上げましたように、そうした関係性は"概ね"、破綻を迎えます。

(個人的に申し上げれば、そうした自分を許せなくなってきます。相手に申し訳ない気持ちと、自分の喜び、幸せ、とのほんのちょっとのずれに悩むことになります。

言うなれば、自問自答で、この人と寝るために付き合ってんの?って自分に言いたくなります。)

その場合に、相手は「この人だ!と思って付き合っていたのに・・・」という感じです。

なんとも裏切られた感、人生設計の崩壊、などなどいろんなことが否定されて降りかかってきたように思えます。

今までは人と人とが付き合うのに、裏切りもくそもないわボケぇ!と思っていましたが(今でも、その基本的スタンスは変わりません)、そう感じることも理解できるようにはなってきました。

例えばそれは、涙によって表に出てくるかもしれないし、連絡先を消すことによってそういう感情からできるだけ離れるということもあるでしょう。

そう考えると

私が振る立場であった時に、(相手がそれくらいに私を想っていてくれていたら)そうしたことを相手に強いていたのかと想うと、相手はどんな気持ちで「この人!」と想う人に別れを告げられたのかと想うと、なんとまぁ、散々な、ひどいことをしてきたのだな、と実感するようになったのです。

私は、そんなことに「足る」ような人間であったかと考えると、そんな大層なやつではないし、本当に自分がくそみたいに思えます。

(しかし、

矛盾するようですが、それでも、「付き合ってダメだったら別れれば?」って意見は根本的には変わらないと思います。なぜなら、そうじゃないと「(先天的にわかる人以外は)わからない世界」もあるからです。

できるだけライトにそういうことができればいいなとも思います。

というか、そういうことをしていればいつか気づくはずなんです、自分が求めていること、何をして喜ぶか。

そういうことがわかってくると思います。

(だから、私も今になってわかってきた、とかほざくわけです。)

そして何よりも、一番ひどいのは、「なんだかなぁ」と思いつつ付き合うことだと思うからです。

自分と相手の時間の浪費、だったらできるだけ早く別れて、できるだけ早く相手にもっと良い人を見つけてもらう時間を提供してあげた方がいいと思うんです。

逆に言えば、

好きな人とはできるだけ早く一緒になって、できるだけ長く一緒にいるのがいいと思うからです。)

という実感ができたのも、私がその連絡先を消したいだとか、顔も見たくないわ!っとかに近い感情を理解できるようになったからだと思います。相手の立場になってやっと理解ができます。なんと、ひどいやつでしょう。

確かに今でも、成り行きとか欲とかがないかと言っちゃあ嘘になります。

どこかで何かを期待している自分がいないかと言っちゃあ嘘になります。

でも、それによっての結果は見えているし、そういうことを自分の中にしっかり持っていなきゃいけない。

なんだったら、これは成り行きだし、ただの欲が為す好意(行為)であるかもしれないと正直にいることが

自分にとっても相手にとっても大事なんじゃないかなぁと思う。「そうでないかのように」見せることが一番人を騙しているんじゃないかと思うから。

それによって、何が起こるかといえば、

人との付き合いがすごく慎重になることだ。

この人かな、この人かな、(どーせ違うんだろ)、とかっていうのを考えるし、成り行きとか欲とかと照らしあわせて考えてみることも必要でそのほとんどで、NOだったら、心のどこかで何かを諦めているし、

でも、それ(自分の中の勝手な判断)によって、実は何かを逃しているんじゃないかと、せめぎ合っている。

まぁさ、でもさ、ちゃんと自分に合った人って、そういうこと考える前から

関係性がうまくできていて、この人いいなぁとか、付き合ったら楽しそうだなぁとかって、思えているはずだから、大丈夫だよね・・?!(いや、まぁ付き合いつつわかることもあるだろが)

僕もなんせ、そういう経験が多分1回しかないから、(今後あるのかないのか)怖いんだけどね。

こういうことをやっぱり正直に実感してしまうと、今までの好きだと、付き合った方はやっぱりそうじゃなかったんじゃん、って自分を確認してしまって、やっぱり"くそ"なやつだなと重ね重ね思う。

(いや、語弊のないようにすれば、好意はあると思う。でもそれが「好きな人とはできるだけ長く一緒に居たほうがいいよ、と言われてすぐに思い浮かべられる人」か、「この人と一生共にしたい人か」、「この人と家庭を築きたい人か」、「この人と一緒に子供を育てたい人か」、と聞かれたら即答できないし、それは多分違うような気がする・・・っていう種類の好きなのだと思う。難しい。)

誰しも"同じように"忘れる。そんなので、本当に人を好きだったなんて言えるの?

結局は、君は人を本当に好きになることなんてないんじゃないの?

だって、みんな忘れちゃうじゃない。同じように。

これが前からずーっと持っていて、これが故に

自分は"くそ"だったのですが、

この前提に立った上でも、「でも!」と想える人にちゃんと気づいて

積み重ねていこう。

慎重なら、慎重でもいい。

だから、ちゃんとやれよ、惑わされず。

何かを逃したって、気丈に振る舞うんだ。

本当に、自分の"くそ"加減が今になってわかる。

ごめんなさいじゃ謝りきれない、あやまって欲しくもないだろう。

そう心を入れ替えた、最近。

だから、せめて、それを返せるよう、みんなが幸せになれるよう

自分の力が何かに役立てられることがあればいいなと思う。

あんまり、自分のことで焦るのはやめた。

そういうのもある種の覚悟。

もっと早く気付きたかったー。でもしょうがない、"そうあるべき"だったんだと思い直して

24歳弱で気づけたことに感謝しよう。

そこにちゃんと気づいたのなら、24歳弱なんて早いものだと思うよ。

-先天的に気づいている人、高校生くらいで気づく人ももちろんいるだろうが、気づかずに結婚もする人もいるだろうし、そのまま人生終える方もいるだろう-。

ほーんと、クズさに苛まれるよ。

でも、クズって言っちゃいけないと思う、曲がりなりにも好きになってくれた人はいるわけだし、

自分を否定することって、そういう人に対して失礼なんだよ。

だからもう言わない。心のなかに押し留めておく。

ということで、なーんも考えず暮らしていけたらと今は思ってます。

How stupid WAS I.