handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

April Fool

思ったより全然早くUPしてしまう。

待ってられない。それが僕の癖。未来からのエントリー。(のため3月30日まではずっとTOPにあります。)

さぁ、ちゃんと書こうか。

もしかしたら誰かを傷つけるかもしれないし

もしかしたらひとりでうずくまることになるかもしれない。

でも生きたこと、生きることにおいてきっととても重要なことのように思う。

(だから僕は若気の至りとして)、記しておこうと思う。

僕が、誰か(自分にとって)特別な人と人生を送りたいと意識しだしたのは

大学3年のときだ。

当時、パフォーマンスのサークルをつくって、それはとても楽しかった。

でも、そう思うと同時に、別次元の、「誰とでも」じゃない、心の温まる場所、いや人が

いたらいいなぁ・・・(というか、ひとりで生きてるって寂しいなぁ)と思ったのだ、

なんのきっかけも特になかったように思う。

ある程度満たされたからかもしれない。

もちろん、そこまでにいろんな恋もしてきたろう。

(といってもそこまで多くはないけど)、好きな人でうだうだして、1ヶ月くらいうげーってなって

でも終わったらケロリとしてしまう、とか振られることもあったし、好きだ、と思って付き合ったら

(自分の中で)うまくいかないこともあった。

という、そして、その頃に出会えた人が、自分の中では結構大きい。

今まで「好き」という感情というか、感覚で、付き合えるか付き合えないかを値踏みしていた自分が

「付き合いたいなー」という感情を持ったり、「好き」っていう感覚が表面的に思えるほど

もっと奥底で感じられる「何か」(それを人は愛とかなんとか言うのかもしれない)を

感じれていたし、だからこそ「合う」なぁと想える人だったから(だと今ではちゃんと言えるのだけどね)。

でも、その人とは得てして、「上手く」付き合えなくて

なにぶん事情が混み合っていて、僕も「上手く」立ち振る舞うことが出来なかった。

その後も、違う人ともっと思ったけど、なにぶん「好き」で付き合ってみると

なかなか(自分を)うまくコントロールできなくて、嫌になってしまった。

言い訳がましいけど「好き」ではあったと思う。

でも「愛おしさ」があったのかって聞かれたら難しいだろう。(今だから(わかったから)言える)

そんなこと言えるのは、「愛おしさ」があったことを知っていたからだと思う。

何かを見て「共有したい」と思える心だったり、「見せてあげたい」と思う気持ちだったり

「どうにかしてあげたい」っていう想いだったり、声が聞きたいってものかもしれない。

そういう感情について、一度触れたことがあったからなのだと想う。

(でも、多くの人はそういう感情を既に、高校生とか大学生とかで知っているのかもしれない。僕が知らないだけだったか、もしくはそういうものとめぐりあうことが本当に少なかったのだと想う。何より人見知りだから。(笑))

誰かを想いながら他の誰かと結婚して・・・って相談事が雑誌にあって、「そんな奴は気持ち悪い」と一刀両断している回答者がいて、あーまさしく気持ち悪い奴にはならないようにしようと思い、

今日見たテレビで、海外の人が妊娠報告すると周り(親とか友達とか)がめちゃくちゃ喜ぶ顔とか、夫が死ぬほど喜んでいる顔をいたらとても微笑ましく、私もできるだけ、あのように喜びたいし、人を喜ばせたいな、と思った。

それぐらい、素直な気持ちで好きな人との子供について祝福したい、と思った。

大体、そこを想像すれば、その人と合うかどうか、一緒にいたいかどうか

なんてわかってしまうのだけどね。

本当に大喜びする自分がみえればそれは間違っていないのだと想う。

さて、僕は人見知りだから、そこのところは「上手く」できないとは思う。

でも、「上手く」やらないでほしいと思う。どこかに気後れしながら、そういうことはしたくない。

つまり、だから、人はきっと、うんと、限られているんじゃないかと我ながら思う。

もしかしたら・・・0かもしれない。

でも思ったのだけど、例え0だとしても僕は1回でも、その温かな感情に触れることができたし

ましてや振られる経験もしているのだ。

それはきっと端から見たら、いいかげん夢見てないで誰かと我慢しなさいよ、と想うかもしれない。

でも言ったとおりきっと「上手く」我慢することはできないだろうし

(今までもそれをやろうとしてきたわけだし)

1回だけでも感覚がわかった恋愛をできて、幸せだなぁと想う。

瀬戸内寂聴さんが言ってたらしい。

恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。

ってね。

あぁ、そうかぁ失ったのか。

ならば、先(があるかどうかわからないけど)では、またどこかで

よりしっかりした感覚で、新しい温かな感覚をつかめる。

言うなれば、いいオトコになれるんじゃなかろうか、とも想う。

というか、何が原因だとしても

ともかく今のままじゃダメなんだよな、と想う。どこかダメだったから、

結局は上手くすることができなかったのだと想う。

今のまんまでうあうあ言って、何かが落ちてくればいいな、って期待していては

何も、何も、何も起きないだろうと想う。

起きるわけがない。例え、仕事であろうと。

だから、一旦ここでお休みをして

次回作をご期待ください!って感じかなあ。

日々バージョンアップして帰ってきますよーん。

それはこれがUPされているころにはわかっているのかなあ。

うん。

(と思ったけど、もうUPしちゃってたわ。(笑))

そして、

陽の当たる坂道を昇る その前に

また何処かで 会えるといいな

と想う。

その時は笑って。

================

ということを言いたかったのね。

一旦お休み。

でも一旦お休み。

レベルあーっぷへ。

そう考えた今日

3/9。(本当はエイプリルフールに上げる予定だったのに)

Mr Children くるみ(HD)