handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

加力

あのね、

俺が小さなキッカケと言ったのにはまだ先があって、

なんで小さなキッカケで(少なくとも自分の)世界が変わるか。

というところなんだけど、

それは、何かアクションを起こした先に「人がいるから」なんだよね。

メールは送信先があって初めて送れるものだし

それを受け取って何かを感じてくれる人がいて初めて返事してくれる人がいて、次への動きが生まれる。

想いも人に話した瞬間に自分のだけのものから、人と人をつないで、社会性を帯びたものになる。

だからこそ世界が変わるの。

ひとりで考えてるだけじゃ世界は変わらないの。

何か言葉を発するとそれを聞く人がいるからそこはにもうすでに、黙って過ぎていく世界とはもう違う世界が生まれるの。

だから、ほんとにささいなことなんだよ。最初の、ミニカーの、後ろ、ちょっと押すだけの作業。それだけで車は走り出す。

些細に世界を変える。

相手がいるから世界が変わる。

と、昨日夜発信した。

そして今日の朝考えた

ともすれば、ともすれば

届かない言葉ほどむなしいものはないねぃ。

そこはむなしいって答えしかないわ、今のところ。

ラララ。