handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

ただ

僕はその人にとっては数ある中のただのひとりで。

ただの1/100000くらいな存在なのかもしれない。

そうだと思うと気が滅入るな。今日も。

ふひー。

でも、それはそういう感情なんだろうね。

こういうところが辛いとこ、でも一番の醍醐味だろ。