handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

座標軸

急がなくていい。

想いがあるなら、

時間軸をうんと伸ばして

だって、急いだかて、立派な答えが出るわけじゃない。

急いだものこそ、急ごしらえでうまくいかないものよ。

そういえば、さんまさんの

悩んだかて、って思いだしたなぁ。

それをどうにか出来る力がないから悩んでいるんですよ

だからいくら悩んだって解決できない問題なんです。

だから悩んだって仕方がない。

っていう論理。

急ぐ急がずにかかわらず、

それはそうでそういう答えしか出ないのだから。

認めてくれる人。

どの世にいるんだろう。

1人でもいい。そういう人がいると幸せである気がする。

どこに居てくれるんだろう。

僕もまたあなたを認める人でありたい。

つまりどうしても新しい女性は3番目からスタートすることになる。

15年なんてあっという間だ。あれもこれもって手出ししている暇はない。

(そのときは彼によろしく)

わかった。とても。そんな気がする。

「悩みなんてないでしょう?」と聞かれた、さんまさんの言葉

「悩み~は、

一緒のはあっても、俺は悩まないだけ、だと思いますけど、正確なことを言うと。

あの~たぶん、人間みな悩みはあるやろうけども、それ、もう、悩む人と、俺みたいに悩まない人。

…ええ、それほど力がないのよ、克服するほど、その悩みに対して。まあねえ~、俺流に言うとやで?

そんな力ないのに、悩んだかて一緒なんですよ」

「…と思って暮らしてる。

や~、まあ~、『今日はダメだった』とか、『今日ウケなかったな~』とかいう、

今日(のその状態)が(その日の)一番の出来なんでしょ、おそらく。

どんな状態であってもね。今日(のその状態)が(その日の)ベストやから。

あかんかったっていうのも、その日のベストを出してあかんかっただけのことやから。

(その日はそれだけしか)力がないわけですからね」