handmade

日記ですな。私が生きた証。 私が自ら作り上げていく人生。 第2幕。

MEGA PEACE

hyousi.jpgメガピース!!!!!

12月28日に行われたメガピースの感想などなどをつらつら書いていきたいと思う。

最初はコレどうなのかなぁー。って思っていた。

小学生とかと踊るって言ったって、小学生とうまくやってけんのか。

とか、内輪だの、周りから良い意見聞かないだのなんだのって。

第一ソーラン節踊りすぎてる感あったしね・・・(笑)

でもちょうど1週間前かな(いろいろあって練習を本格的に参加できたのは最後の1週間だけです。(汗)

小学生との練習がありまして・・・、気持ち変わりました。

面白いなぁって思いました。いろんな人とのふれあい、小学生、中学生なんて関わったことなかったからすごく良い経験になりました。

では、先に小中学生の話からしましょう。

小中学生は大学生なんかと違って余程素直です。

みんなが集まる場所に集まるし、わしゃわしゃなります。

自分があまり親しくない(警戒心をもっている?)人には、あまり話をしないけれども、逆にこっちから警戒心を突き破っていけば簡単に小中学生もこちらを認めてくれます。

小中学生も不安なんです。

こっちも不安なんです。(笑)

そこをどうにか見せないで、ういっすって入っていくことが大事なんです。

あとは、褒めること。(実際に小中学生の子達は踊りがうまくて褒めやすかった)、そしてスキンシップを取ること。

大人でもこれは大事だと思うのだが、小中学生はとにかく触れる機会が多いのでそれを大事に。握手だとか、背中を押してあげるだとか、そんなもので良いと思う。それがひいては心の交流になるんですね。

一緒に踊った子とか内気なのかなぁーとか、俺と踊るのあんまり楽しくないのかなーとか思ったけど、握手とかね、やっぱり積極的にしていけば、楽しんでもらえたようで良かったす。

そして、最終的には小中学生にメルアド教えることに。嬉しいやら、なにやら。ここまでいければ間違ってなかったしょ(笑)今度練習に参加できたらいいね^^。

∴小中学生は素直。態度でいろいろわかるから逆に付き合いやすい。

大人になっていくとここに社交辞令とかいう厚化粧が入るんでしょうかね・・・・・。

ではでは、メガピースのお話。

結論から言います。

内輪イベントでした。(笑)

メガピースって外から見た人がつながるってことには弱い気がする。

というのも広報があまり行き届いてない感じだったのかな・・・。

ともかくも参加しなければメガピースは味わえないと思います。

確かにお客さんも一緒に舞台に上がって一緒にやるコンテンツはあったけど・・・舞台に上がる人は舞台に上がりなれている人であったと思うし。

でも、その内輪の広がりは前回を遥かに凌いでいました。

大学生だけじゃ小さいなーって思いましたもん。

本当にいろいろな方々が参加されたと思うし、いろんな方との交流が本当に良かったと思う。あらためて新しい人との出会いって面白いなって思いました。

前述の小中学生との交流も面白いし、ちょっと疎遠になってた人とかに「よっ」って声をかけると縁って復活するもんです。

東京花火の人たちとはなぜだか結構仲良くなった気がするし。

出会って3回目とかそこらなのに。本当に良い経験というか、良い人たちにめぐり合えたなと思う。

だから、最初は危惧していたメガピースもこんな意味があるんだなっと。去年は(1年生ということもあり)あまり知り合いが増える機会はなかったのだけど、今回は本当に人との仲がマッハで氷解していくような感じでした。俺は年齢上がるごとに強くなります(笑)

お客さんが参加者だって良いと思う。

年の暮れにみんなでこうやって歌や踊りをできるって素晴らしいと思う。最大の内輪イベントで結構だと思う。だからみんな暖かい目で見ていられるのだと思う。この内輪が世界を包めば内も外もなくなるから。

そういう感じがメガピースじゃないかなーと思った。

みんな出演者。みんなお客さん。

(俺が言うのも本当に何なんですが)本当に良いイベントに成長したなぁと。本当に運営陣様の努力の賜物です。

では最後にコンテンツの性質について

僕は歌(はもちろんすばらしいが)派より踊り派である。

というのも、歌って一緒に歌っても一度も話さない人っているんだよね。歌に詳しくないので話すきっかけもないし・・・。

その点踊りなら、そこ上手いね、とかここはこうじゃない?とか交流を持てる気がするから歌より踊りがすきなんだと思う。個人を見せられるっていうメリットもあるしね。

と、つらつら書きましたが。

やっぱりこういうイベントいいっすなー。

参加者、お客さんの目線を両方もてるのは学生だけですからね。

WEFのようなイベントは社会に出てからで十分だと思うんです。

だからもし、俺が社会に出たら逆にWEFのようなイベントで楽しませようと思うんだろうな。

でも、今は学生だし双方向で楽しめることを求めていくんだろうな。

第一見に来るお客さんの気持ち(ターゲット)が違うと思うしね。

一人ひとりにスポットを当ててゆきたいー。

良いお年を。

あっ、今年人生初の隈越するんで、お暇なら一緒に大隈講堂前で2009年迎えましょう(笑)

写真:寝ずに作った、「古今東西」チーム紹介のPVの素材の一部。